2017年7月25日 更新

コテを使っても髪が傷まない?髪にダメージを与えないためのヘアアイロンの使い方のポイント!

髪の毛をまっすぐさせたり、巻いたりするのに欠かせないのがコテですが、熱を使うためどうしても髪の毛を傷めやすいのも確かです。そこで、髪の毛を傷めてしまわないようにコテを使うためのポイントをまとめました。

コテはどのくらいの頻度で使っていますか?

ヘアスタイリングのためにコテやヘアアイロンが欠かせないという人も多いのではないでしょうか?でも、実は髪の毛を守るためにも、コテを使うのは週2〜3回までに留めて置いた方が良いと言われています。他にも髪の毛を傷めないために押さえておきたいポイントをまとめたので、おさらいしておきましょう!

乾いた髪に使う

コテやアイロンを使えば髪の毛も乾くし、真っ直ぐなるしと得した気分になっている人はいませんか?これって大間違いなんです!この方法だと髪の毛の中の水分まで一緒に飛んでしまうので、髪の毛が傷んでしまいます。ヘアアイロンは髪の毛が乾いている時にだけ使いましょう。

ブラシを通してから

髪の毛を乾かしたらブラシもしっかり通しましょう。髪の毛が絡まったままの部分にアイロンをかけても真っ直ぐはなりませんし、熱が均等に伝わらないため、髪の一部だけがダメージを受けてしまうことにもなりません。

コテ用ヘアケアアイテムを使う

ヘアオイルなど、コテの前に使うためのヘアケアアイテムを使ってからコテを当てていきます。熱によるダメージをやわらげるアイテムを選ぶようにしましょう。
スティーブンノル プレミアムスリーク ハイドロリニュー ミスト カール

スティーブンノル プレミアムスリーク ハイドロリニュー ミスト カール

ふんわり軽やかで柔らかな質感の巻き髪スタイルを実現。キューティクルダメージも防ぎます。ヘアアイロンやドライヤーの熱の力で毛髪表面を保護、補修し、なめらかな質感にととのえます。高級感のあるフローラルフルーティウッディの香り。

短時間で済ます

髪の毛を巻くときに、しっかり巻きたいからといって何秒も押さえたままにしていませんか?この方法だとどんどん髪の毛がダメージを受けていきます。ちゃんとしたアイロンなら短時間でもしっかり負けるはずです。3秒くらいで離すようにしましょう。
22 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

髪型が上手く決まらない!ジメジメの梅雨がやってくる前にヘアアレンジを長時間キープする対策法

髪型が上手く決まらない!ジメジメの梅雨がやってくる前にヘアアレンジを長時間キープする対策法

せっかくキレイに髪の毛をきれいにセットしたのに、ジメジメの外に出たら一瞬でヘアアレンジがぐしゃぐしゃに… そんな時にオススメなヘアアレンジを1日中きれいにキープさせる方法を紹介します。
PAKUKO | 418 view
キシキシ髪の原因はこれだった!原因と改善方法まとめ

キシキシ髪の原因はこれだった!原因と改善方法まとめ

女性ならだれでも気になる髪のダメージの改善方法と原因についてご紹介します。
shino | 1,430 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

Yokapon Yokapon
トウキョウコスメ

おすすめの記事

今注目の記事