2017年12月3日 更新

美容室でのヘアカラーは自分で染めるよりもはダメージが少ない!?

髪の毛を染めるとき自分で染めますか?それとも、美容室でやってもらいますか?美容室のほうがセルフカラーよりもダメージを少なくできるかについてまとめました。

ヘアカラーによる髪のダメージ

髪の毛を染めると髪の毛が傷んでしまうということは聞いたことがある人も多いでしょう。それではなぜ髪の毛に負担がかかってしまうのか知っていますか?

キューティクルが壊れる

髪の毛は表面がキューティクルでコーティングされています。しかし、ヘアカラーはこのキューティクルを無理やり開いて染料を浸透させるため、キューティクルが本来あるべきように働かなくなってしまうのです。その結果、髪内部の水分や栄養が流れ出てしまったり、髪の毛のツヤが失われることもあるのです。

頭皮と毛根への影響

ヘアカラーは髪の毛や頭皮に刺激を与えます。繰り返しヘアカラーを行うことでそのダメージも重なり、もう今夜髪の毛の再生周期にまで影響を与えてしまいます。

美容室でのヘアカラーと自宅でのセルフカラーの比較

髪の毛を染めるにはダメージがつきものですが、そのダメージを少しでも軽減するために工夫をしていですよね。そこで、まず考えるべきはどこで髪の毛を染めるのかということです。

ヘアカラーは市販のものも多くあり、美容室に行かなくても家で自分で染めることができます。それでも、美容室でいつも染めてもらっているという人もいますよね。自宅でのセルフカラーと美容室で髪を染めてもらうことについて比較してみましょう。

セルフカラー

セルフカラーとはドラッグストアやスーパーで打っている市販のヘアカラーを使って自分で髪を染めることです。パッケージには「きれいに染まる」とか「ダメージを抑える」などというコピーがついており、自分でもリーズナブルに髪の毛を染めることができるのでは?とついつい思ってしまうものです。
77 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

髪を染めるためのヘアカラーやヘアマニキュア、ヘアマスカラ、白髪染めの違いは?状況に合わせて使い分けたい髪染めの種類

髪を染めるためのヘアカラーやヘアマニキュア、ヘアマスカラ、白髪染めの違いは?状況に合わせて使い分けたい髪染めの種類

髪の毛を染めるというと、ヘアカラーやヘアマニキュア、白髪染めなど様々な種類がありますよね。それぞれの特徴やメリット・デメリットを知っていますか?欲しい仕上がりや状況に応じて使い分けるために髪染めの種類についてまとめました。
Yokapon | 770 view
氷室京介ワールド全開の美容室がオープン!!

氷室京介ワールド全開の美容室がオープン!!

氷室京介のヘアメイクを担当してきた菊地勲がプロデュースするヘアサロン「PERSONAL☆JESUS☆CUT」が6月2日(火)東京・代官山にグランドオープン。
tokyo-cosme.com | 2,841 view
白髪隠しってどんなもの?使いやすさが人気のヘアマスカラやスティック

白髪隠しってどんなもの?使いやすさが人気のヘアマスカラやスティック

白髪染めで染めるほどでもない白髪は白髪隠しと呼ばれるものでカバーするのがおすすめです。使いやすいヘアマスカラなどを種類別にご紹介します。
Yokapon | 48 view
白髪を抜くと増えるという噂の真相は?正しい白髪の対処法を確認!

白髪を抜くと増えるという噂の真相は?正しい白髪の対処法を確認!

白髪を抜くと増えてしまうから抜くのはいけないという話を聞いたことがある人は多いと思います。しかし実際にはどうなのでしょうか。白髪に関する噂の真相と白髪の対処法をまとめました。
Yokapon | 68 view
白髪染めが抜け毛や薄毛に?白髪染めを正しく使って対策しよう

白髪染めが抜け毛や薄毛に?白髪染めを正しく使って対策しよう

白髪染めは頭皮にどんな影響を及ぼすのでしょうか?抜け毛や薄毛などの原因にならないように白髪染めを正しく使う方法についてまとめました。
Yokapon | 82 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

Yokapon Yokapon
トウキョウコスメ

おすすめの記事

今注目の記事